けぴママの発達障害児の育児攻略サイト

発達障害児の子育て支援

発達障害かも!?と思ったら

こんにちは、けぴママです。

 

前回、発達障害について

お話ししましたが、

 

日本人の16人に1人が

発達障害を抱えている

言われています。

 

しかし、

幼少期にそれが判るかといえば、

もっと人数は少なくなってきます。

 

その子が発達障害なのか、

ただただ元気なのか、

判断が難しいですよね。

 

保育園などに通っていれば、

先生から発達について気になる

と言ってくれるところもあります。Kid, Smile, Boy, Son, Handsome, Photo, Baby, Family

発達障害かもと!?

と気になる事があれば、

 

お住まいの市町村の窓口

発達障害者支援センター

相談しましょう。

 

発達支援センターでは

日常的な相談を行なっている他、

 

医療、保険、福祉、教育など

各関係機関と連携をとり、

支援を提供しています。Baby, Hands, Fingers, Infant, Child, Father, Parent

私の長男が3歳の時に

自閉スペクトラム症

注意欠如・多動症

診断されました。

 

私の長男の場合、

文字や数字の理解が

クラスの子よりも早く

 

アスペルガーだったので、

気付くのが遅れました。

Boys, Kids, Children, Happy, Sitting, Students

息子の気になっていたことは、

一歳前後からかなりの

偏食癇癪持ち

だったことです。

 

お菓子ばかりを欲しがり、

用意したご飯を

あまり食べてくれませんでした。

Broccoli, Chicken, Cooking, Cuisine, Delicious, Dinner

何か自分の気に入らないこと

があると泣き喚き、

周りに迷惑をかけていました。

 

でも、保育園の先生からは、

発達で気になるということや

お友達とトラブルになった

 

という連絡も

ほとんどありませんでした。

 

長男が3歳になってすぐ、

妹(長女)が産まれました。

 

その長女が産まれる前後から、

癇癪などが激しくなりました。

 

保育園に連れて行っても

私から離れようとせず、

 

ギャン泣きで先生に

引き渡していました。

f:id:kpmama:20211023064743j:image

この頃から、もしかすると...

と感じるようになりました。

 

通っている保育園の先生に

発達について相談しましたが、

「違うと思う。」

 

と言われたので、

赤ちゃん返りが激しい子

なのかなと思っていました。

 

しばらくして

3歳児検診があったので、

 

保健師さんと、

その時来られていた

心理士の先生に相談しました。

 

その先生は

落ち着きのない息子を見て、

すぐ発達障害と判断されました。

 

その後医療機関で診察、

発達のテスト等を経て、

療育(発達支援)

へ通うようになります。

Girl, Father, Portrait, Family, Fatherhood, Parent

療育(発達支援)とは

障害のある子どもや

その可能性のある子どもに対し、

 

個々の発達の状態や

障害特性に応じて、

 

自立した社会生活を送れるよう

支援することです。

 

療育には

 

薬物療法

食事療法

音楽療法

作業療法

 

があります。

 

私の子どもは、

音楽療法作業療法

行ってくれる、

 

民間の療育施設へ

現在も通っています。

 

療育に通わせるのは、

早ければ早いほどいいです。

 

早期から療育を行う事で

いじめ不登校などの

二次的な問題

予防することができる

 

と言われています。

 

音楽療法作業療法などは

専門知識がないとできませんが、

 

家でもできるセルフ療育が

たくさんあります。

 

また実際に行った、

セルフ療育をブログにまとめて

ご紹介しようと思いますので、

 

気になる方は

覗いてみてください。

 

最後まで読んでくださり

ありがとうございました。

次回をお楽しみください!